工夫しだいで気にならない!低身長ファッションで知っておくべき基礎知識を紹介

このサイトは低身長の人のファッションについて説明しています。
どんな服を着ても幼く見えると考えるのは間違いで、実はバーゲン品の中にぴったりの服を見つけることができること。
海外ブランドは魅力的なデザインのものがありますが、選ぶのが難しいことなど、服を選ぶ時に知っておくと役に立つ基礎知識です。
この知識。
知っておくと身長が低いことが周りから気にならない、理想の服を身につけて楽しく毎日を過ごすことができます。

工夫しだいで気にならない!低身長ファッションで知っておくべき基礎知識を紹介

低身長の人は雑誌やウェブで見ると素敵に見える服も実際に身に付けると、イメージと違って見える、バランスよく着こなせない、幼く見えてしまうなどの悩みがつきものです。
ここでは低身長の人のファッションの基礎知識である、アイテム選びやスタイリングのこつ、ちょっとした工夫を説明しています。
知っておくことで、大人っぽくておしゃれな着こなしが叶い、バランスよく仕上げるテクニックが身につき、コーデに悩むことをなくすことができます。

バランスが重要な低身長ファッションのコーディネート

季節感やトレンド感や清潔感や着やせ効果や色選びや動きやすさなど、ファッションコーディネートにおいてこだわりたい部分や譲れないポイントは数多ありますが、低身長の人が重視すべきことは全体的なバランスです。
頭が大きく見えたり手足が短く見えたりなどの悩みがつきまとう低身長の人は、アイテム選びも苦労が絶えず一筋縄ではいきません。
低身長ファッションで心がけるべきことについてですが、自宅に頭のてっぺんから足のつま先まで映せる大きい姿見を設けて全身のバランスをチェックする、ロング丈カーディガンやマキシ丈ワンピースや大判ストールなどのアイテムを駆使して出来る限り縦長のラインを作る、ハイネックやスカーフやフードやファーで顔周りにボリュームを出し目線が上に行くように仕向ける、トップスはボトムスにインしてウエストをマークし脚を長く見せるなどがあります。
大きなモチーフのプリント柄やボーダー柄は横幅が際立ち膨張しますので、柄物を選ぶ場合はストライプや細かいドットや繊細な花柄などがお勧めです。

低身長ファッションでオーバーサイズは服に着られてしまう

ゆったりと着こなすことが出来るオーバーサイズは、動きやすくてトレンド感もあり機能性とファッション性を兼ね備えたアイテムですが、低身長の人にとっては少し敷居が高めです。
低身長の人が大きめのサイズを選ぶと、洋服に着られてしまうという問題が発生します。
部屋着っぽさやだらしなさや子どもっぽさが出て、ラフ過ぎるバランスの悪い着こなしになってしまいがちです。
低身長のファッションコーディネートにおいて最も重視しなければならないのは全体的なバランスですので、サイズ選びは大事なポイントとなります。
サイズ問題を解消させるための工夫・対策についてですが、キッズのL・レディースのM・メンズのSを着てみて自分の体に合うジャストサイズを見つける、ポリエステルやキュプラなど下にすとんと落ちるとろみのある素材の洋服を選び横幅が出ないようにする、ボトムスにトップスをインしてウエストをマークして凹凸を作るなどがあります。
縦長ラインを意識することも大切です。

低身長ファッションで気にすべき低重心

低身長の人は下半身にボリュームのあるデザインを選ぶと、余計に背が低く見える可能性があります。
そのため、ファッションとしては低重心を意識して選ぶことが大切です。
低身長でもすらりとした慎重に見せるためには、上半身にボリュームのあるデザインのものを選ぶと良いでしょう。
ふんわりした袖のブラウスや、フリルの付いたデザインは、視線が上に行くため背が高く見えます。
ボトムスは、スリムなパンツスタイルやタイトスカートにするのがおすすめです。
また、上半身に明るい色を選ぶのも、視線を上半身に集められるので低身長にぴったりの装いです。
反対に、ロングのフレアースカートや大きめのサイズのパンツなどを履くのはやめた方が良いでしょう。
柄物も上半身にするのがベターです。
ウエストにマーキングをするとあしなが効果もあるので、より慎重を高く見せることが可能です。
これらの点に気をつけながら洋服を選ぶと、低身長を感じさせない着こなしができます。

低身長ファッションはフリーサイズが着られないというデメリット

低身長の女性にとって、服装選びをするときに悩んでしまうのが自分の身体にあった服の選択肢が非常に少ないという点です。
低身長ファッションの特徴として、フリーサイズやMサイズが着られないというデメリットがあり、気に入った服を見つけても何度も諦めてきたという声は多いです。
フリーサイズとMサイズは最も作られている服のサイズであり、平均身長を目安にして普通サイズが作られているため、低身長の方が着てしまうと腕の長さや胴の長さ、足の長さが平均よりも短いため、体型に合わず全体的にバランスが悪くなります。
そのため低身長ファッションで気をつけるポイントは、上重心のシルエットにするためにトップス部分にボリュームを出し、ボトムスはスッキリとまとめるようにすると美しい着こなしができます。
縦長の視覚効果を利用するため、Iラインを目安にコーディネートをするようにしましょう。
例えば身体にぴったりとフィットするリブトップスには、センタープレスの縦長効果の高いワイドパンツを合わせることによって、縦長のスッキリとした立ち姿を目指すことができます。

低身長,ファッションに関する情報サイト
低身長ファッションの基礎知識

このサイトは低身長の人のファッションについて説明しています。どんな服を着ても幼く見えると考えるのは間違いで、実はバーゲン品の中にぴったりの服を見つけることができること。海外ブランドは魅力的なデザインのものがありますが、選ぶのが難しいことなど、服を選ぶ時に知っておくと役に立つ基礎知識です。この知識。知っておくと身長が低いことが周りから気にならない、理想の服を身につけて楽しく毎日を過ごすことができます。

Search